愛犬家の間でも人気です

飼い主とペット

猫ブームが起こってる現在でも、犬の人気は衰えることを知りません。特にCMで人気になったポメラニアンは、愛犬家たちの心を鷲づかみしています。気難しく、吠える犬種ですが、利発で従順なポメラニアンは、しつけ次第で温厚に育ちます。

ワンちゃんの肝臓と疾患

動物病院

異変を見逃さないこと

肝臓と呼ばれる臓器には、生命維持に欠かせない機能及び役割があります。具体的に、タンパク質生産や血糖値調節など行なっています。また、炭水化物や脂肪の代謝機能、ビタミン生産と蓄積といった役割もあります。犬の肝臓病で現れる初期症状は食欲不振や体重減少、嘔吐などが挙げられます。他にも、下痢や頻尿、便の色が灰色っぽい又は軟らかい便なども症状として現れます。犬は飼い主へ直接的に症状を訴えることをしないので、常に観察して初期症状の段階で気付くことができるようにしましょう。しかし、肝臓病の初期症状は他の疾患と似ているために肝臓病であるという断定が難しいといわれています。そのため、診察は適切に行われる必要があります。診察から検査や治療へ移行するとなったら、検査と治療も正しく行うことが大事です。特に、適切な治療でなかった場合に危険なのは肝不全です。犬の肝不全では黄疸やよだれ過多といったものがあります。また腹水や出血なども見られるのです。肝性脳症になっていると意識障害や痙攣なども現れる可能性があります。肝臓の病気は人間もそうですが、割と見つかりにくいので小さな異変でも見逃さないようにすると早期の段階で治療を行うことが可能です。しかし、治療が適切でない場合は逆効果なので、実績の知識のある良質な動物病院で診てもらうことをおすすめします。犬が肝臓病になってしまう原因は、感染や疾患、損傷です。他にも先天性などが挙げられます。感染ではウイルスや細菌が関係し、疾患では貧血やフィラリア、心臓病があります。また、癌や熱射病なども関係しています。損傷は事故などによる外部からの衝撃などのことです。また、人間と同様に食生活が原因という意見もあるので、生活習慣を健康的にする意識も大事なことだと思います。

プロから犬を買い取る

ドッグ

柴犬を飼うことを考えた場合には、まずブリーダーに相談することが大切です。その犬種に特化して扱っていることもあり、育て方などのアドバイスも受けることができるでしょう。また、安価で取引することもできます。

飼いやすい大型犬

犬

もともとは狩猟犬であったゴールデンレトリバーは飼い主に喜んでもらうことを好む性質があります。何かの仕事をさせたり、飼い主と一緒に運動したりすると良いでしょう。穏やかな性格から、子供や老人のいる家庭にも向いています。また、他の動物とも仲良く一緒に暮らすことができます。